100円ショップの額縁にお世話になってます

小さい水彩画を描くのが好きです。

 

それを入れるのに使うのは100円ショップの額縁です。

 

写真サイズ、ポストカードサイズ、ミニサイズ。いろいろ使います。

 

ちまちま描いて額に入れるのが好きなのです、はい。

 

この2年か3年の間に、100円ショップの額縁は種類がとても増えたなーと思います。見てて選びがいがある…というか迷う。定番の木製のナチュラルなカラーや焦げ茶もいいけれど、白もなかなか使いやすい。

 

合成の皮を使った額縁は、パッと見、すこし高級感が出るのでいいなーと思ったりもします。皮を縫ってる糸が雰囲気を出してていいのです。よく見れば安物なのはすぐわかるけど、遠目に見たら気にならないし。

 

水彩画を入れるために使うから、あまり柄物は使いわないけれど…かわいい水玉柄の額縁を見るとちょっと心が動きます。使い道があるかどうか考えて悩んでやめるんですけどね。

 

写真をいれるなら使えるかなぁ…と思うけど、目的が水彩画を入れることだから、額縁に模様が入ってるのは使いにくいのです。

 

…うまく自分の絵と額縁の柄をコラボできれば使えるけれど、残念ながらそこまでのセンスが自分にはないのです。(ちょっと寂しい)
最近100円ショップで見て、使ってみようかなーと思ったのは縁のないタイプのものですね。

 

プラスチックみたいな透明の素材でできているタイプ。

 

…いや、アレは縁がないんだから、額縁とは言わないのか?

 

とにかく、100円額縁さんありがとう。

 

ミニ水彩画を作るのに飽きない限り、これからも100円ショップの額縁にお世話になり続ける予定ですよ。

 

額縁のおすすめサイト

 

額縁.jp-額縁の通販専門店
http://www.gaku-buchi.jp/

 

額縁(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A1%8D%E7%B8%81

額縁のリサイクルは出来ないかな

友人の作家と話をします。

 

先生、額縁どうしています?私の家は狭いから、置き場所に困るのですが、かといって大切な作品だから、保管しておきたいし、というと、友人は、田舎の一軒家を借りて大きな額縁を運んで保管していると言いました。

 

私たちは、展覧会の度に大きな2m40cmからなる作品をつくったりします。もちろん、年に何回かある展覧会で、それほど大きな額を購入していたら、第一、破産しますので、貸し額をいうのをお願いするのです。

 

作品は裏打ち、巻きという形で戻ってきます。

 

額縁が残るのは、もう少し小さいものではありますが、会場では小さく見えても、自宅では本当に大きく見えます。

 

しかも、付き合いがあるので、その展示会は出しませんなどと言えないのです。戻ってきました、それを一面ずつ並べて行きます。しかし限界もあります。テレビで、リサイクルしてアルミの額縁で、地震対策をしている人をみました。ふと、そうか、と思ったのです。

 

額は会場によっては古い物が出せません。古い額は本当はリサイクルできたら助かるのですが、建具屋さんでなければ作り変えも難しいようです。

 

作家同士、色々話をしてみますが、額縁のリサイクル、出来たらいいね、という希望で話はいつも終わります。

更新履歴